WORKS

国内食品メーカーのブランド立ち上げや海外企業の日本市場進出といった実績が既にあります。
幅広い業界の国内外企業ブランドに対して、それぞれ必要なノウハウのご提供が可能です。
地方企業の中央進出にも貢献できます。

ブランドプロデュース

自らの信念から今あるべきプロダクトやサービスを提案し、
人々の支持を獲得していく。
そして、社会の中で誰もが「存在してほしい」と
思うようなブランドへと成長していく。
それが、bymeにとってのベストなブランドストーリーです。
私たちはブランドを創りあげる段階から市場参入まで、さらにその後も、
ブランドのライフステージに合わせてプロデュースしていきます。
共に、時代に合った自己表現のできる、かっこいいブランドをこの世に創りだしていきましょう。

[CASE STUDY]

国内企業ブランドの立ち上げ

日本の小売市場では、プライベートブランド化が加速しています。市場分析すれば、メーカー自らがナショナルブランド商品を立ち上げることは困難だという答えが出るかもしれません。そんな状況下でもbymeはメーカーとワンチームとなり、ブランドの立ち上げをサポートし、活路を見出していきます。

海外企業ブランドのローカライズ

海外企業の自国でのブランド展開手法がそのまま、日本で通用するとは限りません。 bymeでは、日本市場での成長を第一に考え、時にはブランディングのローカライズを検討し、日本市場ならではのビジネス展開をサポートしていきます。

海外企業ブランドの国内製造体制サポート

海外企業ブランドが日本市場へ進出する場合、ブランドオーナーと国内メーカー、そしてbymeのトライアングル体制を組みます。国内メーカーが見つからない場合、 bymeはエージェントとして活動し、お客様との協業が可能なメーカーを探し、日本での製造体制を整えるお手伝いをいたします。

地方メーカーのブランディング

優れた技術、伝統と時代性を兼ね備えた商品を本質から見直し、今の時代に暮らす人の心を打つための仕様設計やプロモーションを考えます。また、今だけでなく、将来の成長を見すえたサポートを行います。

D2C事業

世の中にはまだまだ魅力的なモノがたくさんあります。
例えライフサイクル衰退期にさしかかった商品でも、
プロデュースの視点を変えることによって
再び多くの人の心を躍らせる商品へと
生まれ変わらせることができます。
また、従来の流通構造ではさまざまな
制約条件や障壁によって実現できなかった表現も
ブランドが自らお客様と繋がれるD2Cでは
可能となります。
そんなお客様の心が躍るような商品を
byme自身がブランディングし、
D2Cによって展開します。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。